プレイヤータイプ:完璧主義者

このレポートを読むのに必要な時間は約 1 分です。

完璧主義者とは

完璧を求めるが決して完璧には届かないプレイヤー。

得意スキルに「先延ばし」がある

参照クエストレポート

良く勘違いされがちなのが、完璧主義者は「物事を完璧に仕上げよう」と考えるわけではなく、ミスを減らしたり、欠けているものがない状態にしようとするプレイヤーのこと。

要するに思考が減点法であり、その前提で100点を目指すのである。

完璧主義者のデメリット

完璧主義者というのは、完成度が高いものを求めるといったポジティブな要素もあるが、どちらかというと完璧を求めるがためにミスや失敗を恐れることによるネガティブな面の方が強い。

行動しない

少し手を付けても完璧な状態が難しいとわかるとやめてしまったり、そもそも完璧じゃないと最初から行動を起こさなくなる。

ミスや失敗が増える人生になる

ミスや失敗をなくそうとすればするほどミスや失敗が増えていき、年齢を重ねるほどその傾向は強くなる。

メンタルを悪化させる

ミスや失敗を恐れるためプレッシャーやストレスが多くなるため、完璧主義の傾向が強い人ほどメンタルにダメージを受ける。

また、ミスや失敗を恐れてしまうだけでなく、過去のミスや失敗もネガティブに捉えて後悔を繰り返してしまう。

誠実性が下がる

完璧主義者は完璧な計画を立てることができなければ実行することもできないが、完璧な計画が難しいと言いわけの要素を残した適当な計画で進めたりする。

その結果効率が落ちたり継続性も下がり、適当なところでやめてしまったりする。