集中力活用法:効率的にミッションをこなし余剰時間を生み出す

このレポートを読むのに必要な時間は約 2 分です。

魔法使い
魔法使い

集中力を効率的に使って短時間でミッションをこなせば、自分の好きなことに時間を使えるのよ!

リベルタ
リベルタ

どうすれば集中力を効率的に使えるの!?

集中力を効率的に活用する方法

魔法使い
魔法使い

集中力の性質、回復法を知って、集中力が必要な作業に集中力を使えるようにスケジュールを組めばよいのよ!

集中力の性質を知る

集中力は朝が最も高く、時間とともに低下していき夜にはかなり低くなる。

参照クエストレポート

集中力を高めるセロトニンを分泌させる

セロトニンが分泌されると頭がすっきりするため、リズム運動、咀嚼、日光、などセロトニンが分泌するようにする。

また、セロトニンは夕方頃に「睡眠」の効果を向上させるメラトニンに変わるため、午前中にセロトニンが分泌される行動するのが効果的

集中力の回復法

「睡眠」、「(リズム)運動」、「咀嚼」、「日光」で集中力を回復させることができるため、日々の行動の中に適度に取り入れるのが効果的。

睡眠

最強の回復魔法。

ただ、回復効果を最大限に引き出すためには工夫が必要。

十分な時間を取る

最適な睡眠時間はプレイヤーのタイプにより異なるが、一般的には7時間程度確保することが有効とされている。

寝る前の行動を制御する

寝る2時間前に強い刺激を避け、リラックスできるようにする。

  • 避けるべき行動
    食事、飲酒、激しい運動、熱いお風呂、視覚系娯楽、ブルーライトなどの強い光
  • やるべきこと
    音楽、アロマなどの非視覚系娯楽、家族、ペットと過ごす、軽いストレッチ、読書
日中にから眠り効果が向上しやすい状態になるように行動する

日中に分泌されるセロトニンが夕方頃にメラトニンに変化することで、睡眠の質を上げ身体の疲れを取ってくれるため、セロトニンを分泌させるようにする。

朝一で日光を浴びる、リズム運動をする、しっかり咀嚼するなどが有効。

昼寝(パワーナップ)

10~20分の昼寝は夜の睡眠3時間に相当する効果が得られる。

食事(咀嚼)

食事のみに集中することで集中力を回復させることができる。

スマホやテレビを見ながらのながら食事では咀嚼回数が減ってしまうので、食事に集中する。

集中して食事することでセロトニンも分泌される。

集中力の使いどころを決める

集中量は朝に最大値となり、時間とともに徐々に低下していくため、中力が必要な作業は午前中に行い、集中力を必要としない単純な作業は夕方以降に行う。

集中力の消費を抑える

血流が悪くなると集中力の消費量が増えるため、血流が良くなるような行動をとる

  • 1時間以上の座りっぱなしなど、長時間の同じ姿勢は避ける。
  • 適度に運動をする
  • 休憩をはさむ
    →休憩時は視覚情報を減らすことで回復効果アップ