状態変化

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

状態変化

人間の行動、思考などにプラスの効果をもたらす「バフ」と、マイナスの効果をもたらす「デバフ」がある

詳細効果

ゾーン(フロー状態)

極限の集中状態。対峙している物事に集中しており、周囲の雑音などが聞こえなくなる。感覚が極限まで研ぎ澄まされ、スポーツにおいては、スローモーションに感じたりする。

時短効率


能力向上

ハイテンション
テンションが高い状態。物事をポジティブに捉えたり、身体を動かしたくなるなどの効果がある。無駄な動きが増える傾向があるので、ハイテンションの効果が切れた時に強い疲労感を感じる事が多い。

行動力向上


疲労感増大

睡眠不足

極限の集中状態。対峙している物事に集中しており、周囲の雑音などが聞こえなくなる。感覚が極限まで研ぎ澄まされ、スポーツにおいては、スローモーションに感じたりする。

意志力低下

体力低下

成長型マインドセット

潜在的能力を発揮するためには自分の限界に挑戦することが必要という思考状態方。 「リスクをとること」「居心地のいい領域から抜け出すこと」「失敗に前向きであること」が不可欠。 反対に固定型マインドセットというのがある。

経験値アップ

固定型マインドセット

知性、才能、能力などは固定であり、変わらないという思考状態。 自分ができることばかりを探し、困難に直面すると、乗り越えるのではなく自分ができる他の何かを探す傾向がある。失敗、苦労を避ける傾向があり、優等生という称号を持つものほどリスクや失敗を恐れ固定型マインドセットになりやすい。

経験値ダウン

ステータスに戻る

●状態変化

○バフ

  • ゾーン
  • ナチュラルハイ
  • ポジティブ
  • ハイテンション

○デバフ

  • 風邪
  • 花粉症
  • インフルエンザ
  • 誘惑
  • 怪我
  • ネガテイブ
  • ローテンション