超常刺激:脳を消耗させる6つの刺激

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

超常刺激とは

人間の脳が対処することができない刺激のこと。

人間は進化に伴い脳も発達してきたが、文明の発達速度の方が早く、脳が対処できない刺激が生まれてしまった。

超常刺激にさらされ続けると、脳が必要以上に興奮状態になってしまい休息できない状態となる。その結果、「うつ病」などの状態異常になることがある。

インターネット

あらゆる情報へのアクセスを可能にした便利ツールであるが、多量の情報に触れることができるようになったが故に、脳が即座に興奮状態になってしまい、休まらない。

SNS

人間はコミュニケーションをするように発達してきたため、コミュニケーションに関する刺激には非常に敏感に反応してしまい、注意を持ってかれてしまう。

精神的ダメージが最も大きいツールはInstgramとの説もある。

テレビやゲーム

刺激的で依存性が高いため、長期間の興奮状態になりやすい。

ブルーライト

強力なエネルギーを有してるため、人体への影響も大きい。効果的に活用すればバフ効果があるが、寝る前などに多量に浴びると、最強の回復効果を有する「睡眠」の質を下げてしまう。

ジャンクフード

大昔は糖質、脂肪、塩分などを容易に摂ることができなかったため、人間の脳はそれを求めるように進化してきた。

そのため、糖質、脂肪、塩分などを凝縮した食品はとても依存性が高く、脳に過剰な刺激を与えてしまう。

アダルトサイト

アダルトサイトにハマりすぎると、脳の神経が変化し依存症のような状態になる。この状態は、ドラッグ中毒者と同じような脳の状態になってしまう。

超常刺激の対策

超常刺激の誘惑に打ち勝つためには意志力が必要であり、運動や瞑想が有効。