無詠唱魔法

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

無詠唱魔法

人間心理や脳の特性を理解し、言葉を使わずに相手を心理的に誘導し、精神、行動に影響を与える魔法。自分自身に対して有効な魔法もある。

無詠唱魔法効果

ハロー(効果)

ある対象の顕著な特徴をアピールし印象付けることで、その他の評価に影響を与えるハロー効果を利用する魔法。対人の場面では、優れた容姿や肩書等の自分の強みを最初に強調することで、好印象を抱くように誘導することができる。逆に最初にネガティブな特徴を強調することで、特定の人物の印象を悪くすることもできる。物に対しては、権威など希少性を強調することで、価値があるように見せかける等マーケティング分野でよく使われる。


印象操作

スリーセット

「出会ってから3回以内に印象が固まり相手との関係が決まる」スリーセット理論という法則を利用して、相手に与える印象を操作する魔法。 第一印象が最も大切であり、ここでの印象がベースとなる。2回目、3回目は印象の再確認であるため、1回目と同じ印象を与える必要がある。 一旦印象が固定化された後に、別の印象に書き換えるのはかなりの労力と時間を要する。

印象操作

ダブルバインド

一度に二つの選択肢を提示し、どちらかを選ばなくてはいけないと思わせる魔法。 相手がこちらの要望に対してYES/NOを示す前に、YESという前提で二択を提示し選ばせることで、自然とYESを受け入れさせることができる。 恋愛やビジネスにおいて有効な魔法だが、失敗すると「何勝手に話進めてんの?」と図々しい奴と思われてしまう。

誘導

睡眠

最高の回復方法でありながら、誰でも使用することができるが、使用回数の制限、使用時の意識消失、行動不能といった制約がある魔法。回復効果は使用者の詠唱前の行動や精神状態に大きく左右され、最大限の効果を引き出すのは難しいとされている。

回復

カチッサー

頼み事の前に「〇〇なので」といったように理由づけしてから依頼することで、了承してもらいやすくするカチッサー効果を利用した魔法。 依頼と理由づけに関連がある方が承諾してもらいやすくなるが、無関係な理由づけでも効果がでることもある。

誘導

両面提示

相手を説得する際に、メリットだけでなくデメリットも伝える魔法。あえてデメリットまで伝えることで、相手に信頼感を与え説得しやすくなる。対象的な魔法に片面提示がある。

誘導

片面提示

相手を説得する際に、メリット又はデメリットの片方のみを伝える魔法。相手との信頼関係がある、相手が深い知識を持っていないなど、説得しやすい条件の場合は片面提示が有効。対象的な魔法として両面提示がある。

誘導

パワーポーズ

本人が考える自信がある様にみえるポーズ。自信がある様に見えるポーズを取ると、生理学的に自信に関係するテストステロンが増大し、本当に自信が湧いてくる。ポーズは、個人の価値観や文化の違いなどによっても大きく異なる

自信向上

魔法に戻る