幸福:人生の究極の目的

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

幸福とは

心が満ち足りて満足している状態

誰もが追い求めるが、人の満足度とは個人の価値観に依存するため、「これをすれば必ず幸せになる」といった万人に共通のものはない。

人が満足するには以下の7つの感情的欲求がバランス良く満たされていなくてはならない

  • 安心感
  • 変化と多様性
  • 自尊心
  • 社外的なつながり
  • 愛情
  • 成長
  • 貢献

幸福に関する7つの欲求

7つの感情的欲求は基本的な欲求と、高次的な欲求の二種類に分類される

基本的欲求

人間種が持つ感情に関する基本的な欲求。普段から意識していることは少なく、失って初めて気づくことが多い。

安心感

安心の反対派不安や恐怖であるが、不安や恐怖を感じていると幸福感は得られない。

幸福感を得るためには、安心、安定、確実感などを満たしていなければならない。

変化と多様性

一見、安心感や安定などとは相反するように見えるが、変化がなくても飽きてしまい不満を抱くようになる。

極端な恐怖や不安を抱かないレベルでの変化や多様性が必要。

自尊心

自分が重要な人物だと認識したいため、他人から尊敬、感謝されたいという感情。

社会的なつながり

人間種は社会的な活動を行う種族であるため、友人や家族、学校、会社等何かしらの集団に属してつながりを持ちたいと考える。

愛情

人間種が顕著に求める傾向があり、愛に飢えていると様々な問題行動を引き起こし周囲に迷惑をかけることがある。

高次的欲求

基本的欲求がある程度満たされたさいに生じる欲求

成長

日本など治安が良い先進国では基本的な欲求が満たされやすい傾向があるため、成長欲求が強くなりやすい。

貢献

他人に何かを与えたり、価値ある物の役に立とうとする感情。

幸福は2種類ある

記憶や思考による幸福

未来や過去について考えた時に感じる幸福感(満足感)。

あの時の旅行は楽しかった、来年はどこに行こうなどと考える時の満足感のこと。

経験による幸福

今現在感じている幸福感(満足感)。目の前の景色が素晴らしいと感じた時の満足感などのことを指す。