親密度:敵を減らして仲間を増やすための能力

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

科学者
科学者
「科学者」は仲間になりたそうに「リベルタ」を見ている。仲間にしますか?
リベルタ
リベルタ

いや、そういうの募集してないんで。

親密度

親密度とは、自分と相手との心の距離のこと。

親密度によって、相手が自分の「仲間」となるか「敵」となるかが変わってくるため、極めて重要なパラメーターである。

また、相手を「仲間」にするために必要な親密度は、その時の状況によって大きく変わるため、常に「仲間」にするためには普段から親密度パラメーターをよほど高くしておかなければならない。

親密度を上げる方法

物理的な距離を縮める

人間にはパーソナルスペースというものがあり、相手との親密度によって変化する。親しい相手ほど物理的な距離は近くなるので、親しくなりたい相手との距離を一気に縮めることが有効。

「親しいから距離が近い」と「距離が近いから親しい」を人間は区別できないことがあるので、その性質を利用した手法である。

何かを渡したり渡してもらう、一緒のスマホを見るなどの状況を作るこなどが、地味に効果が高い。

相手の言葉を繰り返す

相手の言ったことをそのまま繰り返すバックトラッキングというスキルを利用する手法である。

相手の話していることの最後の部分だけを繰り返すことで効果が出る。

第三者を褒める

他人を褒めるような話をする人ほど親密感を持たれる傾向がある。

反対に、第三者をディスルほど嫌われる傾向がある。飲み会などで相手が他人のネガティブな話を振ってきたら、ネガティブな部分ではなく相手への共感を示すことが効果的。

SNSを活用する

女性プレイヤーにとってのコミュニケーションの目的は感情を共有することであるため、女性に対しては目的のない何気ない話題を定期的に発信するのが効果的