回復アイテム

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

疲労を回復するアイテム。

疲労感とは異なるため注意が必要。

回復アイテム

イミダペプチド

鶏胸肉、マグロやカツオの尾ビレなど、疲労が蓄積しやすい部位に多く含まれている成分。

疲労は活性酸素による酸化ストレスが原因で生じるが、イミダペプチドは抗酸化作用があるため疲労軽減効果がある。

他の抗酸化作用を有する成分との違い

ポリフェノールやビタミンA、C、Eなどの成分も抗酸化作用を有するが、短期的な効能しかなく身体の様々な部位に行き渡らないので、疲労軽減効果は低い。

一方、イミダペプチドは、身体の中で「アミノ酸に分解→イミダペプチドに再合成」を繰り返すために、最も疲労が蓄積しやすい脳を始めとする様々な部位で長期的に疲労軽減効果を発揮する。

摂取目安

疲労軽減にはイミダペプチドを200mg/日を二週間ほど継続して摂取する必要がある。

イミダペプチド200mgは、鶏胸肉100gで効果的に摂取できる。

調理法

イミダペプチドは熱安定性が高いため、焼き、蒸し、茹でのいずれでも調理法でも摂取できるが、水溶性のため調理時の汁も同時に摂取することが有効。