装備品

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

装備品

身体に着用することができるアイテム。洋服やアクセサリー、靴などのこと。

装備品の効果

素材による性能面に影響する効果と、制服など特定の能力に特徴のある職業者が着用する又は着用しそうな装備することによる心理的な効果がある。

性能面

基本的には着心地、耐久性、軽量化などが高いほど価値があり高価になる

心理面

人は装備品(服装)によって相手を判断するため、相手に与える印象を操作することもできる。

専門性を強調する場合は、制服などの装備品を着用すると効果ある。ただ、自分の好みではない装備を無理して着用しても、自分には似合わないという感情が発生しマイナス効果となってしまうため、注意が必要。

代表的な装備品

スーツ

一般的なサラリーマンと呼ばれる冒険者や、お堅い職種で用いられる防具。

着こなすことで、仕事ができる人になったような気持になることができる。

実際、創造性やストレス耐性、自信が上がり、抽象的思考ができるようになる効果がある。

白衣

科学者や医者などが着用する防具。

耐薬品などの特殊効果を持つ。本来は薬品など汚れが衣服につくのを防ぐための防具であったが、今や権威やそれっぽさを醸し出すためにもっぱら用いられる。

装着することで注意力が向上する。