お酒:百薬の長かつ万病の元

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

お酒とは

アルコールという成分(正式にはエチルアルコール(エタノール))が含まれている飲み物の総称。

飲むと「酔う」という状態変化を起こす。依存性があり、未成年の飲酒は禁止されている。

お酒の効果

ネガティブな記憶を定着させる

人間の脳には嫌な記憶を忘れる機能が備わっているが、お酒(アルコール)を摂取することで機能が低下する。

そのため、やけ酒のように嫌な気分の時にアルコールを摂取すると、以下のネガティブスパイラルに突入し、気晴らしのために飲酒しても一向に気分が晴れない状態が続く。

  • 嫌なことがあったのでやけ酒する
  • 飲酒により嫌な記憶を忘れる能力が低下する
  • 結局、嫌な記憶が残ってしまう
  • やけ酒する・・・

人間だけでなくハエもやけ酒するという説があり、メスに交尾を断られたオスはアルコールを含む餌を好む傾向があるとの実験結果もある。