子供をコントロールする魔法:恐怖や力に頼らないコントロール

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

魔法使い魔法使い

子育てで子供に対して有効な魔法を授けましょう!

リベルタリベルタ

あなた独身で子育て経験ないですよね?説得力がないんですけど。

子供に勉強させるためには

「許す」という魔法を使う

劇的な効果はないが、長期的に勉強量を増やすことができる。

優しい言葉で許してあげると、周りの意見を聞くようになり徐々に勉強量は上がっていく。

「許す」により子供が付け上がって「勉強しなくてもいいんだ」と思われないようにすることがポイント。

勉強はして欲しいが、出来が悪いからと怒らないこと。

反対に一番子供の勉強意欲を奪うデバフ効果の高い魔法は「責める」こと。

勉強で成績の悪い生徒を責めると、落ち込んでしまいより勉強しなくなってしまう。

子供に言うことをきかせるためには

一度肯定してから、自分のして欲しいことを聞いてもらう。

子供なのにと考えるのではなく、大人に対して意見を聞いてもらうのと同じように、まずは相手の話を聞いてから自分のして欲しいことを言うというのがポイント。

具体的には、どんなことでも一旦は肯定した後で、理由を聞いたりして時間をおいてから自分の要求を言うようにする。

人間種の理性や自己コントロール力を司る前頭葉は成長するのに10代後半まで時間がかかるため、基本的には自己コントロールが未成熟な相手に接すると意識することで、イライラも手低減させることができる。

子供のゲームのやりすぎを止めるには

毎日同じことを繰り返さなくてはいけないというルールを決める。

悪い習慣を止めるのにも役立つ方法であるが、「今日と同じことを明日もしなくてはいけない」というルールを決めると、「やめなさい」と言わなくても自然とその行動をしなくなる。

子供が何事にも集中力できず座っていられない場合は

「瞑想」をさせる。

瞑想は回復魔法としてメジャーであるが、意思力を向上させ自制心を高めるバフ効果もある。

1日5分の短時間でも継続させることで効果がでる。

瞑想を習得させることができれば、子育ての大抵の問題は解決するほど万能な魔法であるが、ただでさえ落ち着きのない子供に、じっと意識を集中させる瞑想をさせること自体の難易度は異常に高いという課題がある。

漫画やアニメなどの瞑想的な行為をするキャラクターを見つけて、そのキャラになりきらせるなど、自発的に子供が行うように仕向ける工夫が必要となる。

「そもそも瞑想できるような子供は集中できるのでは?」という疑問について考えるのは、思考の迷路に迷い込むことになるため避けた方が良い。