コピーライティング:人を購買行動に駆り立てるスキル

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

魔法使い
魔法使い

人を動かす魔法のようなキャッチコピーの書き方が書いてあるコピーライティングの本を書いてみたわ!欲しい?

リベルタ
リベルタ

べ、別にいらないし(後でAmazonでこっそり買おう・・・)

コピーライティングとは

人間心理を巧みに利用して、文章やフレーズで読者を行動(主に購買行動)に駆り立てるスキル。

既に世の中にある物や、他の人で変わりがきく様な物を売る場合には、それを購入すべき理由を明確に説明できなくてはいけない。

魅力的に文章を書く時に使えるスキルとなる。

コピーライティングの種類

コピーライティングは大きく2種類に分けられる。

イメージコピー

「元気ハツラツ」のようにイメージをもたらすコピー。

ブランドイメージを作ったり、商品のイメージを伝える場合に使用されるが、購買行動には直結しない。

レスポンスコピー

その文章によりどれくらい人を動かせるかというコピー

コピーライティングの書き方のポイント

広告の効果の50~70%は見出しで決まるため、見出しやキャッチコピーなどにコピーライティングのスキルが使われることが多い。

例えば、本を売る場合、まずは手に取ってもらえるような魅力的なキャッチコピーやタイトルではないと、いかに内容が優れていても買ってもらえない

実際にほとんどの人は、内容はほとんど読まず、タイトル、キャッチコピー、導入文、目次程度しか読まずに購入することが分かっている。

そのため、最初の見出しですべてが決まるといっても過言ではなく、魅力的な見出しを作るためにはコピーライティングは必須のスキルとも言える。

見出しで内容をイメージさせる

見出しはただ興味を引き付ければよいというわけではない。

ある程度、理解できるフレーズで中身が伝わる見出しで、相手がイメージを具体的に思い浮かべられるように書くのが効果的。

目的に合わせてタイトルの長さを変える

昔から議論されているのがタイトルの長さであり、短いタイトルのほうが、目に留まりやすいが、読んでもらえた場合は長いタイトルのほうが行動に繋がりやすいという特徴がある。

長いタイトルも短いタイトルも一長一短であるため、目的に合わせて調整するのが良い。

具体的な内容にする

一般的な内容より、具体的な内容にしたほうが、相手は反応しやすくなる。

ただなんとなく良いとわかる商品より、具体的にどこがどう良くてどんな場面で使えるといった具体的なイメージがしやすければしやすいほど、人間は行動するようになる。

ビジュアルイメージを併用する

広告の世界では、一枚の優れた写真は2000ワードの言葉に匹敵すると言われている。

そのため、単純にキャッチコピーを載せるだけではなく、相手の心を惹きつけるような写真などと組み合わせることがより効果的である。

ベネフィットを記載する

メリットだけでなくベネフィットを記載することでより効果は高くなる。

例えば、ダイエット用の商品のキャッチコピーとしては、「楽に痩せる」というメリットを強調するだけではなく、「痩せることでおしゃれな服が着れるようになる」というように、「痩せる」という結果によりどのようなことが期待できるかといったベネフィットまで提示することがより効果的である。