時間:目には見えない貴重な資源

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

時間とは

人生という約30,000日に及ぶゲームにおいて、ほぼ全てのプレイヤーに等しく与えられているもの。 30,000日という限られた時間を、プレイヤーの意志によって好きなことに割り振ることができるため、以下ポイントのように考えることができる。

時間=Tポイント(タイムポイント)

因みに、某有名なポイントサービスとたまたま同じ名称となってしまったが全く関係ない

時間の使い方で人生が変わる

Tポイントを何に使うかによって、能力や状況を大きく変化させることができるため、「人生」を攻略するためにはTポイントの使い方がキーといっても過言ではないほど重要。

しかし、Tポイントは目に見えない資源故、重要性が忘れ去られることもある。

また、Tポイントは貯めておくこともできず、自動的に消費されるという側面も持つことから、かなりの割合で無駄に消費されている。

感情がTポイントの価値を変える

同じ1時間というTポイントを消費したとしても、楽しみにしていたデートに使用する場合と、やりたくない勉強に費やす場合では、Tポイントに対する感覚が大きく異なる。

楽しいデートなどの場合は、1時間が30分程度に感じるなど、実際のTポイントの消費量より少なく感じ、乗り気ではない勉強などの場合は1時間が2時間に感じるなど逆に多く感じる。

消費Tポイントに対する体感との相違は、Tポイントを消費した作業への集中力と相関があり、集中しているほどTポイントの消費量は少なく感じる。

そのため、Tポイントを効率的に使うには、集中しやすい興味のある楽しいことに使うのがよい。

しかし、自分の本来やるべきこと、やらなくていけないことは、大抵が乗り気ではなく集中できない作業であるため、環境を整えたり感情をコントロールする必要がある。

時間管理術

作業に使用するTポイントの消費をコントロールするには、完璧を目指さないことが大切。

Tポイントの無駄消費の大半は、完璧を目指すことで生じる。