アドレナリン

アドレナリンとは

闘争逃走ホルモンと呼ばれる脳内物質。

闘争逃走ホルモンにはノルアドレナリンもあり、ノルアドレナリンは主に脳機能をUPするのに対し、アドレナリンは身体機能をUPする。

アドレナリンの効果

狩猟採集自体の人類が、獣に遭遇し、闘う/逃げる、といった選択する際に分泌され、身体機能を向上させる。

ただし、ストレスが強すぎると過剰分泌になり、不安やイライラなどが強くなり攻撃的になったり、長期のストレスではアドレナリンが枯渇し、無気力、無関心などの抑うつ症状があらわれてしまう。

アドレナリンを分泌させる方法

緊張、恐怖、不安などのストレスを感じる時に分泌される。

アドレナリンを利用してパフォーマンスを上げるためには、適度なストレスが最も効果的。

参照:ヤーキーズドットソンの法則

具体的には「オンとオフのメリハリをつけて仕事や学業に取り組むこと」が最もパフォーマンスを向上させるのに効率的な方法。

スポンサーリンク
リベルタをフォローする
リベルタクエスト
タイトルとURLをコピーしました