ドーパミン

ドーパミンとは

やる気ホルモンと呼ばれる脳内物質。

やる気や学習意欲、モチベーションに関わる物質。

ドーパミンの効果

ドーパミンについては、主にやる気に関わる効果がある。

  • やる気の向上
  • 達成感の向上
  • 幸福感の向上

ドーパミンの幸福には終わりがない

幸福感に関する厄介な性質として、ドーパミンの幸福感には「慣れ」があり、同じドーパミン量では満足できなくなるという性質がある。

そのため、簡単にドーパミンを出すことができる行動は依存症になりやすい。

ドーパミンが関連する依存性がある行動

  • ゲーム
  • ギャンブル
  • お酒
  • SNS
  • 買い物
  • ポルノ

努力も不要でで簡単にドーパミンを出すことができ幸福感を感じることができるため依存症になりやすい。

ドーパミンが関連する依存症を回避する方法

  • ストレスをためない
  • 睡眠、運動、食事を整える
  • セロトニンとオキシトシンによる幸せを確保する

セロトニンとオキシトシンの幸福感には「慣れ」のようなものがなく、一定量で幸福感を感じることができるため、ドーパミン的幸福感を求めなくてもよいようにするのも効果的。

ドーパミンを分泌させる方法

  • お金を稼ぐ
  • 高い地位を得る
  • 活躍する
  • 目標を設定し努力する
  • 目標を達成する
  • ライバルと競い合う
スポンサーリンク
リベルタをフォローする
リベルタクエスト
タイトルとURLをコピーしました