ノルアドレナリン

ノルアドレナリンとは

闘争逃走ホルモンと呼ばれる脳内物質。

狩猟採集時代の人類が獣と遭遇し、闘うか逃げるかを選択する際などに分泌されることから闘争逃走ホルモンと呼ばれている。

闘争逃走ホルモンにはアドレナリンもあり、アドレナリンは主に身体機能をUPするのに対し、アドレナリンは脳機能をUPする。

ノルアドレナリンの効果

主に脳機能、集中力、記憶量を向上させる。

ただし、ストレスが強すぎると過剰分泌になり、不安や恐怖、焦燥や取り乱す状態が出現する。

逆に少なすぎると覚醒度が低下し、睡眠障害が生じる。

ノルアドレナリンを分泌させる方法

緊張、恐怖、不安などのストレスを感じる時に分泌される。

ノルアドレナリンを利用してパフォーマンスを上げるためには、適度なストレスが最も効果的。

参照:ヤーキーズドットソンの法則

具体的には「オンとオフのメリハリをつけて仕事や学業に取り組むこと」が最もパフォーマンスを向上させるのに効率的な方法。

スポンサーリンク
リベルタをフォローする
リベルタクエスト
タイトルとURLをコピーしました